ただひたすら料理を作りまくります。

日常的に蓄積するストレスのほとんどが自己嫌悪によるものです。
仕事でのケアレスミスや、職場の仲間とのやり取りのなかでうまく相手を思いやれなかったり、あるいは家族との些細なやり取りのすれ違いなどが多いかと思います。

ひとつひとつは大したことのないストレスでも、積もり積もることでいろいろと考えすぎて、自分自身のことが許せなくなる瞬間があります。
そんな日々たまっていくストレスを解消する一番の方法は料理です。
まずはお休みの日に、夕飯用にメインディッシュのほかに副菜を何品も作ります。
さらに続けて冷蔵庫で数日持つ作り置き用の料理や、翌日以降のメインディッシュとなる下味付き冷凍食材の仕込みに入ります。
ただただひたすら冷蔵庫の食材がなくなるまでなにも考えず、無心に料理を作り続けます。
そして出来上がった大量の食べ物を目の前にすると、それを食べるときの家族の笑顔が目に浮かんで、自分自身の存在意義を取り戻すことができる気がするのです。

ハリ・つや・潤いへの期待が持てるスキンケア方法