音楽は癒しと愉楽、いつも心のそばに

職場には何人か苦手な人もいて、その人たちと1日一緒に仕事する日は憂鬱です。
その先入観のせいかさらにミスも増えたりして、仕事終わりには自己嫌悪の塊となります。
そんな時が続いた日は、時間をできるだけ確保してやることがあります。

それはyou tubeで音楽を楽しむ事です。
自分の都合のいい時間に都合のいい場所で利用できるので、洋楽にハマりだした80年代のことを思えば、本当に便利な世の中になったなと思います。
自分が参加したフェスの映像やアーティストの動画を見ると、当時の気分を思い出したりしてある意味タイムトリップできます。
さらに当時食べた物や飲み物を予め用意し、視聴しながら一緒に楽しむとフェス気分がさらに盛り上がります。
時間は日によって違いますが、ひと通り見終わった頃には自分だけの世界に浸ることで心が安定し、いつのまにかストレスも軽減しています。
そしてまたいつか、イベントに参加するために仕事を頑張ろうって思います。

ハリ・つや・潤いへの期待が持てるスキンケア方法