ここが知りたい会計ソフトの素朴な疑問

会計ソフトでできることは何か

会計ソフトでできることと言えば、帳簿入力や書類の作成です。勘定科目の設定や決まった取引や摘要欄の入力の登録もできるため、家賃や水道高熱費等の毎月発生する仕訳については、ある程度自動化でき、入力の手間が省けることがありますので、手作業で帳簿付けをするよりも楽に経理事務が行えます。決算月の整理仕訳や消費税の計算も、ある程度自動化できるため、入力する数値さえ間違わなければ、深刻なミスにつながりにくくなっています。次年度に移行する際も、そのまま現金や預金等の期末残高が、翌年の期首残高に繰り越しできますので、とても便利でしょう。
日々の帳簿付けだけでなく、確定申告や決算書の書類の作成も自動でできます。いったん住所地や社名等を登録すれば、次年度以降もそのまま使えますし、建物や自動車等の資産に該当する物を保有している場合は、面倒な減価償却の計算も行えます。確定申告のサイトに接続しなくても、そのまま書類が作成できますので、税理士事務所に依頼したり、申告会場に出向く必要はありません。

どのようなタイプの会計ソフトがおすすめか

会計ソフトには、製品として販売されて自社の機器にインストールする必要があるタイプと、ソフトのサービスサイトにログインしてネット上から会計ソフトの機能を利用できるタイプに大別されます。
製品タイプは、価格が非常に高いことがありますが、サポートやメンテナンスが充実しています。税制や法令が変わった時には、更新プログラムを入れる必要があります。本格的な簿記の形式に沿った設計ですので、経理担当者がいる企業に向き、部門別会計や資金繰り、予算管理などの機能も付いていますし、給与ソフトや勤怠ソフト等と統合もできることがありますので、比較的規模の大きな会社に向いているでしょう。
ネット上から利用するタイプは、月々の利用料金を支払う必要があります。自営業であれば千円程度、法人であれば2千円程度の所が多く、スマートフォンやタブレットからでも操作が可能です。初心者向きで複雑な仕組みではなく、経営者本人が経理事務をすることを想定しています。税制等が変更された場合でも、ソフト側が自動で更新するため、全く作業をする必要はありません。サポートはチャットやメールが中心で、ネットを使い慣れた若い経営者に人気があります。

© Copyright Multiple Customizable. All Rights Reserved.