すぐわかる会計ソフトの使い方

簿記の経験がなくても使える

起業した直後などは特にですが、経理のみに時間を使うことは難しいです。そこで、会計ソフトの利用を検討してみましょう。手書きで帳簿を作成していると金額が間違っていることに気づいて訂正する場合は、やり直しが大変です。こんな時もパソコンで会計ソフトの操作を覚えておくことで、時間を節約しながら正しい帳簿をつくることができます。
まず会計ソフトは基本的に税込み入力になっています。簿記を経験している人ほど消費税と税抜きの金額を分けてしまいがちですが、消費税は意識せず入力しましょう。簿記をほとんど経験したことがない方でも入力しやすいのが会計ソフトの魅力です。誰でもすぐに使いこなせるように、さまざまな工夫がされています。

クラウドの連携サービスを使うとより簡単に

あまり変動することがない項目については、仕訳辞書登録などの機能を活用しましょう。勘定科目を取引先ごとに指定することができるので、作業のスピードアップが目指せます。さらに売掛金や銀行残高、カード払いなどをクラウド請求書のサービスやネットバンキングと連動させることで、取引を自動仕訳して取り込むことができるのも魅力です。手間をほとんどかけずに帳簿の大部分を作成することができます。時間を節約しながら、経理処理を正確に行えるのが会計ソフトの特徴です。
残高をみながら家計簿をつけるような感覚で記述していくことが可能です。まずはどんな会計ソフトが会社では使いやすいのか、検討してみましょう。機能比較をするのがおすすめです。

© Copyright Multiple Customizable. All Rights Reserved.